AGAを予防するための食事とは

AGAの悪化を防ぐためには、効果的な食事がある

AGAを治療するための方法はいろいろありますが、実は、特別な治療を受ける以外にも、有効な方法があります。

 

それは、食生活を見直すことです。
AGAの悪化を防ぐために効果的な食事があるので、それを意識して食べるようにするのです。

 

それにはまず、バランスのよい食事を心がけなければなりません。

 

栄養の不足は、髪に悪い影響を与えてしまうので、バランスの悪い偏った食事をしていると、AGAは悪化してしまいます。
栄養をたっぷり摂れる健康的な食事をすることが、髪の健康にもつながっていくのです。

 

そうした健康的な食事を考える際に注目すべき栄養素として、タンパク質・ビタミン・ミネラルの3つがあります。

 

まず、タンパク質は髪の材料となるものであり、これがないと髪をつくることができません。
タンパク質をしっかり摂っていれば、健康で丈夫な髪を維持できるのです。

 

このタンパク質には、肉や魚などの動物性、大豆などの植物性がありますが、動物性は脂質も多く含んでいるため、食べ過ぎないように注意しなければなりません。
植物性も合わせて食べるようにして、バランスをとることが大切なのです。

 

次にビタミンですが、これは、頭皮の皮脂の詰まりを解消する効果があります。
これによって、血行が改善され、頭皮をよい状態に保つことができるのです。

 

そのため、タンパク質の他に、ビタミンも同時に摂取することで、AGAの予防効果はより大きくなります。
ビタミンといえば野菜や果物ですが、他にも、大豆やレバーには多く含まれているので、おすすめです。

 

そして、ミネラルは、髪の潤いに必要な栄養素となります。

 

この潤いも、AGA予防には重要なものです。潤いがないと、タンパク質やビタミンをしっかり摂っていても、あまり効果が出ないこともあります。
このミネラルの中でも、ヨウ素と亜鉛は、薄毛や育毛に有効なものです。

 

ヨウ素は主に海藻類、亜鉛はカキやカニといった魚介類に多く含まれているので、積極的に摂取していきましょう。