ラクトフェリンで腸内環境を活発にして便通をよくする

ラクトフェリンで腸内環境を活発にして便通をよくする

ラクトフェリンは母乳や牛乳に含まれる成分で、健康効果に注目が集まっています。

 

ラクトフェリンの効果の一つが便秘解消です。どうしてラクトフェリンが便通をよくしてくれるのでしょうか。

 

ラクトフェリンとは

 

ラクトフェリンは母乳や生乳に多く含まれています。ラクトはミルクを表し、フェリンは鉄を表していて、鉄と結合する力があります。

 

免疫力が低い赤ちゃんが健康に成長できるのは、母乳に含まれるラクトフェリンの効果ではないかといわれています。

 

鉄分の吸収をよくする働きがあり、骨粗しょう症や貧血の予防に効果があります。内臓脂肪やBMIに働きかける作用もあり、脂肪の分解を促進して内臓脂肪を減らし、脂肪合成を抑えて新たに脂肪が蓄積することを防ぎます。血行促進効果や歯周病予防にもなります。

 

腸内には悪玉菌と善玉菌が住み着いていて、悪玉菌が増えれば腸内環境が悪化し、善玉菌が増えれば腸内環境が整って腸の働きが活発になります。ラクトフェリンには善玉菌を増やす働きがあり、便通をよくします。

 

ラクトフェリンの摂り方

 

ラクトフェリンは熱や酸に弱い性質があるので、加熱殺菌した牛乳には含まれていません。

 

ラクトフェリンを添加したヨーグルトなどもありますが、胃酸や酵素によって分解されてしまい、腸に届かず効果が発揮されない可能性があります。
便秘解消を期待するならサプリメントで摂ることがおすすめです。酸や酵素に負けない加工をしたサプリメントなら腸に届けることができます。腸内環境が変わるには時間がかかるので、継続して摂取してみましょう。

 

注意点

 

サプリメントで摂取する場合は注意が必要です。

 

サプリメントは高濃度で配合できるため、お腹が弱い方はたくさん摂って下痢になることがあります。お腹の調子を見ながら量を加減してください。

 

ラクトフェリンは牛乳由来のものが多いので、牛乳にアレルギーがある方は摂取できません。妊娠中や授乳中の方も摂取を控えた方がよいです。必ずアレルギー表示を見て、牛乳が含まれていないか確認しましょう。